仕事が捗るようになると良いことばっかり

仕事をするといろんな業務があり、人によってはいくつもの業務を掛け持ちしていることもあるでしょう。しかし、そうなると手が回らなくなることも少なくありません。そういったときは、便利なシステムやサービスを利用すべきです。特に、仕事上のスケジュール管理は、共有がきちんとできていないと業務に影響がでてきます。仕事ができる人のほとんどがスケジュール管理を習慣化しています。スケジュール管理ができると、仕事が捗るようになるので、システムなどを利用するメリットが大きいです。

電話営業を良くするのがCTI

CTIとはコンピューターと電話を統合した技術、またはその技術を使ったシステムのことをいいます。CTIではコンピューターと電話とを連携できるため、共有している顧客情報の確認が容易に行えます。そのため、現在の電話営業ではCTI技術を活用しています。

CTIを導入する前に知っておこう!アウトバウンド型とインバウンド型

ユーザーに電話をかけるアウトバウンド型

コールセンター業務において、企業からユーザーに電話をかける業務をアウトバウンド型業務といいます。新規雇用を獲得するためのテレアポ業務・販促目的の営業電話・商品利用者に対する電話調査などがこれに該当します。

ユーザーから電話を受けるインバウンド型業務

それに対してインバウンド型業務とは、ユーザーからの電話を受ける業務のことです。ユーザーから寄せられる内容は様々であり、サービス内容に対する問い合わせ・商品の注文や申し込み・クレーム対応などが該当します。

コールセンター業務の効率化を図ってくれるCTIの魅力

PC操作

CTIはコールセンターシステムとは違う

コールセンターシステムとは、電話を使ってユーザーとコンタクトを取る「窓口業務」を管理するシステムのことです。或いはコールセンターの運営を支援するシステムを指すこともあります。それに対してCTIとは、先述したコールセンターシステムを構成する要素の一部分であり、コンピューターと電話回線をつなげた技術のことです。今までのコールセンター業務では、手が空いているオペレーターがメモを取りながら電話業務を行っていました。それがCTI技術が登場したことによって、今ではパソコン上に向かってマイク一体型ヘッドホンをつけて電話対応を行います。それによりコールセンター業務の効率化が進んだのです。

女性

便利なシステムは使わないと損!

CTI技術の導入によりコールセンター業務はかなり効率化されています。具体的には着信したコールを空いているオペレーターに均等分配する着信呼自動配分システム、要件に応じて番号を押すよう促す自動音声応答システム、ユーザーとのやり取りを自動録音する通話録音など、様々な機能が搭載されています。全国各地にいるユーザーとの電話窓口業務を効率よく行うためには、このような便利なシステムを使わない手はありません。

他にもこんなにあった!ビジネスに使える便利なシステム

男女

意思疎通をはかる社内SNS

会社の規模が大きくなればなるほど、社員たちの意思疎通をはかることが難しくなります。そこで、社内SNSを導入して、社内のコミュニケーションを活性化させる企業も少なくありません。

顧客管理システム

事業を続けていく上で顧客データの管理はとても重要です。顧客の属性や顧客と接したときの記録などを管理することで、顧客満足度を上げることができます。膨大な顧客情報を管理するために、顧客管理システムを導入する企業は多いです。

在庫・生産管理システム

特に生産や製造に関わる企業では、製品の品質や費用などをしっかり管理しなければなりません。そして販売に適した在庫管理が必要となります。そこで在庫・生産管理システムを導入することで、運用コストを抑えることが可能なのです。

オンライン学習システム

IT技術の発達に伴って、オンライン学習システムを導入する企業が増えています。オンライン学習システムのメリットは、どこにいても自分で学習できることです。企業にとっては研修に対するコストを抑えることが可能です。